PMAI FUN-club 規約および運営規定

 生活習慣病といわれるガン、糖尿病、心臓病などの疾患や肥満は、増加の一途を辿るばかり。現代の医療システムはこうした病気の「治療」や「早期発見」には目覚しい進歩を見せていますが、こと病気の予防や健康の質の向上といった分野に関しては、手を施したくともおのずと限界を設けざるを得ない現状があります。言い換えれば、医療業務とは病気への対処対応であって、未病対応や健康の維持・増進など、これらは個人の範疇で対応するものとして一線を設けざるを得ない事実が現存します。このような認識の基、私たち職務分野の相違はあれ、対象者に対して健康の維持、増進を提案する立場の者として対象者の自らの健康は自らで守る「セルフケアライフ」意識の高揚と定着に対して、各分野の学術見解の相違は別として各々に融合を図り後方支援的な見地から私たちは対象者に対して健康で生きぬく智慧を提供して行かなければならないのではないでしょうか。
 そんな中、世界中の研究者や専門家の間で「栄養と病気の関係」に関する研究が進められ、多くの身体異常に栄養の乱れと食の乱れが深く関与している事が解明され発表されるようになりました。栄養状態の乱れを正すこと、すなわち食生活やライフスタイルを改善することこそが、病気の根本の原因を解決することであり同時に病気を未然に防ぐことでもあるという予防医学が人々の間でもクローズアップされるようになってきたのです。時代は今、「治療」から「予防」へと変わりつつあるのです。
就いては、高度標準化した健康提案者に於いて、健康社会の確立に寄与すべく当クラブを設立します。
主宰 予防医学分析研究所  若狭 良成

第一条 総 則
第1項 本組織の名称をPMAI FUN club(以下当会と称する)とする。
第2項 当会は下記第二条の設立目的の達成を意図する異分野の健康提案従事者の集合体とする。
 
第二条 設立目的
氾濫する健康情報社会の中、会員の英知を結集させ先見かつ先駆的な施策を発案、励行して対象者各位の「セルフケアライフ」の後方支援業務をすべく設立するものである。
 
第三条 活動内容 (当会は前条の設立目的を達成させる為に次の業務を行うものとする)
第1項 会員活動の支援として当会構築の「ヘルス・ナビ」含め、webツールを提供する事とする。
第2項 参加会員のホームページを作成し、当該を介して下記項の種々展開を図るものとする。
第3項 会員の知識習得の為に関連情報および教育ツール等の提供を図るものとする。
第4項 ホームページを介して参加会員の紹介および情報の共有化を図る業務。
第5項 参加会員および対象者の健康管理を目的とした健康チェックツールを提供する業務。
第6項 情報交換パーク業務(@会員業務内容の紹介 A会員間の情報交換業務(個人相談も含む) B関連アイテムの安価提供など(暫時、検討して対応構築を図る事とする)の支援対応。
 
第四条 入会と退会について
第1項 入会は当会が定める手続きにより入会を申し込み、当会がこれを了承したものをいう。
第2項 会員資格は、健康提案業務に従事する各位とし、入会金(HP作成実費等)と月会費(自動振替手数料等含む)の納入等を以ってその資格を有する事とする。
第3項 会員の退会意思は当会への申し出に於いて、随時解約手続きを取る事とする。
但し、入会金および申し出で日時の如何に関わらず月会費の返却はないものとする。
第4項 会費の未納に関しては1ヶ月を猶予とするも以後の遅延に関しては継続加入の意思なしとの判断の基、その資格(パスワード自動消去)は解消されるものとする。
第5項 退会に於いては入会期間に当会より提供された一切の支援対応を享受できないものとする。
第6項 下記禁止事項に違反した者および守秘義務不履行者は強制退会措置を執行するものとする。
 
第六条 会計運営について
第1項 当会の会計運営は会員からの入会金と月会費を以って執り行う事とする。
第2項 会計は一般会計のみを基本設定として執り行う事とする。
第3項 一般会計とは入会金(HP作成費とパスワード発行代金)と月会費を以って充てる事とする。
 
第七条 各支部幹事の設定と任期について
第1項 支部は都道府県毎に設け、統括する幹事職を設ける事とする。幹事職の任期は1年単位を原則として、支部総会(任意形式)での出席会員の過半数の承認によりその任務を継続できる事とする。その決議内容は当会に報告義務を有する事とする。
第2項 但し、本人の離職意思に於いては本人意思を優先するものとする。
 
細 則  
第1項 当会は会員の健康提案業務の高度標準化の為に暫時、システムの性能向上を図る事とする。
第2項 会員の意識や技術の向上を図るために講習会や研修会を開催する事に努める事とする。
第3項 今後に於いての展開の内容に関しては暫時、会員に流布する事とする。
第4項 会員の受益となる事業に関しては、暫時、検討対応していくものとする。
第5項 会員は当会主旨を普及すべく入会一年以内を目処に新規の会員の入会に努める事とする。
備考1 ホームページ作成等に関わる規約の詳細は別途設定するものとする。
禁止事項: (下記内容に抵触した場合は事由の如何に関わらず退会措置を講ずるものとする)
1. 「ヘルス・ナビ」を用いて対価として受益する業務はカウンセリングでの報酬(上限3,500円)に限定する。就いては、当該を上記以外の物販等(第三者関与も含む)を意図して使用した場合。
2. 他社および他人の著作権、商標権、実用新案、特許権、その他の知的財産権を侵害する行為、もしくは侵害を可能ならしめる行為。
3. 他社および他人の財産権、プライバシーもしくは肖像権等の人格権を侵害する行為、もしくは侵害を可能ならしめる行為。
4. 犯罪的行為、または犯罪に結びつき、あるいは結びつく恐れのある行為。
5. 虚偽情報の流布行為。
6. 当会の信用、財産を喪失させる行為。
7. その他、関係諸法令に違反する行為、または公序良俗に反する行為
 
守秘義務: 会員は当会の有する企画や商品を第三者に譲渡したり、情報の漏洩は厳に慎む事とし、当該行為および禁止事項の行為にて当会に損害を与えた場合は法的処置の基、当該損害を賠償するものとする。
なお紛争の発生については大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。
 
附則備考: 当規約・運営規定に記載の内容は、当会主宰者にて草案されるも、内容の変更および新規事項の追加などに関しては暫時、修正、変更対応出来るものとする。
なお、規約・運営に於いての追加内容および変更が発生した場合は、HPを介して会員各位に提示する事とする。
 
平成15年01月01日  当会は上記のクラブの規約に基づき運営すべく発足する事とする