分子矯正医学理論(疾病予防と健康増進を主眼とする生理・生化学的栄養学)に基づき構築されたHSAcsによって出力される各指針票(★健康指針票/疾病予防と健康増進を主眼 ★アスリート指針票/ハイレベルなスポーツ活動支援ツール ★ビューティーチェックリスト/健康を維持しながら効果的に美容・エステティックを遂行できる女性指針)において、現在流通している他の栄養管理システムと対比して下記に比較票として作成しました。
◆HSAcsをより深く知って頂く為にも下記のチェックポイントは是非理解して頂きたく存じます。
事項 HSAカウンセリングシステム 従来の状況および対処方法
体重に関して 厚生労働省指針、BMI(年齢別)、体脂肪率の3範囲設定。
体脂肪率から管理範囲を明示し対応。
BMIは固定設定(20〜24)。
体脂肪率だけの明示。
活動強度の決定 項目毎の申告時間から個人別の強度を決定。
1日あたりの睡眠時間、立位時間、座位時間、歩行時間、筋力時間の配分傾向から算出する。
職業分類から決定(時間考慮なし)事務職なら(1)とか、農耕作業なら(4)など
活動種目 個々の活動スポーツ内容(全種目)から分析可能。
例)サッカー、野球、マラソンなどから
大分類(持久型など)…手作業対応
スポーツ内容を予め分類している。
摂取エネルギー 活動傾向から設定している活動強度から算出。
目安となる摂取エネルギーの提案が可能。
職業分類からの算出にて、個々の人の相違を無視せざるを得ない状況。
PFC比 活動スポーツ内容から使用するエネルギーの代謝効率を基に理想配分比を明示する。
一般対象者および体重矯正対応まで可能。
大分類(持久型など)からの提案。
スポーツ栄養学が定着していない現状にて種目別の対応が不可能。
タンパク質比率 多量栄養素(タンパク質、脂質、等質)各々の作用分析から志向内容と代謝効率とリンク対応。
タンパク質に関しても、個人別体重から個別対応。
タンパク質のみに主眼を置いているが、手作業では細分化した管理が至難。
2.0kg/体重1kgなどの概算対応が限界。
食群配分
(Kcal)(g)
食物の荷重平均から算出して4郡に配分対処誤差の発生が少なく、g数値換算も荷重平均g数で算出Kcalから換算算出している。
本来のバランスを(Kcal)(g)双方から明示。
80Kcal/1点の目安のみを提示。
誤差の発生が著しく、事前設定のg数明示にて個別対応が不可能。
食区配分 栄養学の裏付けの基、従来の3食配分から、スポーツ選手のみならず一般対象者に対しても5食ないし6食配分を提案している。 カウンセリングでスポーツ選手のみに提唱しているが、配分数値までの提案はされていない。
摂取水分配分 水は栄養素を運ぶ媒体のため、水分摂取管理までの概要を明示。 水分摂取管理はされていない。
体重矯正PG 食事面と運動面の双方向からの対応可能とし、かつ免疫力低下リスク回避のプログラム設定。スポーツ選手の場合、体調を維持または増進させながら体重矯正をしなければならない絶対条件がある為、任意設定も可能とした。
(体重矯正が失敗しないための必須要件は目標設定を明確にできるかどうかである。)
筋組織の低下を回避し、体脂肪のみを減らすカウンセリングは一部実践されているが、手作業対応にて、項目別や内容別など日数設定が不可能
質問対応1 個々人の疑問、質問に対応するコメントも用意。また、疾病、検査、補助食品解説も印字可能。従来のコンピューター概念を払拭した対応を用意。 この分野での従来のシステムは、コメント対応はなく、範囲コメントが限界。
備考 欠乏栄養素が分析されない場合のコメント欄は本紙では、境界線上栄養素を印字解説する。 栄養素充足率だけを判断基準に置く。よって左記の見解への対応はない。
自覚症状内容 約500項目の自覚症状や不定愁訴から欠乏が予測される栄養素を分子矯正医学理論に基づいて分析しています。
*知的所有権として登録済み
個人差を考慮しないで定められた食品分析表に基づいて、食べた食品各々の栄養素含有量を加算して概算値を求める方法です。
欠乏栄養素明示 約50の微量栄養素(ビタミン・ミネラル)の中から自覚症状で分析された欠乏栄養素を明示します。 厚生労働省指針の微量栄養素(ビタミン・ミネラル)の数は10数項目のみです。
リスク回避 疾病の発現を未然に防ぐ手段として提案しています。
欠乏している栄養素について改善されない場合に予測されるリスクについて系統別に明示しています。
漠然とした必要栄養素の摂取を提案しているのが現状です。
消耗要因分析 欠乏している栄養素を、栄養素ごとの拮抗作用や食物、年令、嗜好、環境、薬などの要因から逆転ロジックで栄養素の欠乏状態を分析します。 厚生労働省指針の食品分析表は、体内で使われた栄養素の量ではなく、体内に入った栄養素の量を基準にしている為、消耗要因の分析は不可能です。
栄養素補給提案 欠乏している栄養素の補給に関して、栄養素毎の拮抗作用と相乗作用を付加し、同時に摂取すべき栄養素名も明示します。 単独の栄養素の過不足のみに終始しています。
摂取栄養素概要 健康の維持・増進の為の目安を提案明示。
多々あるアイテムの比較の指標として栄養素力価や含有量を明示。
国民栄養所要量調査に基ずき、設定している。所要量とは平均的最低摂取量である。
生理作用解説 欠乏が分析された栄養素に関して「なぜ欠乏しているか」を申告された自覚症状と照合して、従来の栄養学に止まらず生化学および生理学の見地からも解説しています。
(この提案なくして情報の氾濫は栄養学の衰退を意味するものと考えます。)
摂取量に視点を置いている栄養学に対応が不可能。生理学、生化学見地からの提案が皆無。
効能解説 分子矯正医学で立証の栄養素効力内容を明示。 未解明と法的制約からの明示不可能。
参考食品解説 欠乏が分析された栄養素の含有食材名を明示。
食べる範囲「可食量」に換算して明示。
可食量を無視した摂取量の提案。
(例えば、ひじき100gなど)